履歴書を書く前に考えておくこと

履歴書を書くときは、まず「何を書くか」をじっくり考え、次に「どう書くか」を工夫することが必要だ。

それは、つまり履歴書に何をどう書けば、人事担当者に自分という人間をアピールできるか、を検討するということにほかならない。

 

自分のアピールポイントを見きわめよう

自分のアピールポイントを見きわめる上で大事なことは、「何のために就職(転職)をするのか」という目的を明確にする作業だ。スポーツでいうところの「モチベーション動機づけ)」にあたる。これがはっきりしないままでは就職·転職の成功はむずかしい。

また「市場価値」ということばがある。市場価値とは、例えば「転職市場」で、あなたという「商品がどう評価されるか、という意味だ。

さて、あなたの市場価値を簡単にチェックする方法がある。

どのような方法かというとこれまでに社内や社外の人から「ほかの部署(会社)で仕事をやってみないか」と声をかけてもらったことがあるかどうかを、振り返ってチェックしてみるのだ。一度もないようでは、あなたの評価は市場価値的にはちょっと心もとない。

もっと端的に自分の市場価値を知りたければ、民間の人材コンサルタントに相談するという方法もある。

自分の特技や技能、キャリアを申告した上で、転職した場合、どういう仕事があるのか判断を仰ぐのだ。プロの客観的な声を聞くことは大きな参考になる。

市場価値を考える上では、年齢が重要な要素になる。

一般に企業は、年齢の若い人材を評価する傾向がある。転職に関していえば、ばらつきはあるものの、35歳くらいを募集の上限とする企業が多い。35歳を過ぎると、価値が下がっていくということになる。

こうした分析に基づいて履歴書を書いていくわけだが、なるべく自分のキャリアが生きる書き方を工夫することが大切になる。

できるだけ積極的に自分の特技やキャリアをアピールしたい。そのためにも、自分はなぜ転職をしたいのか、つまり、どういう価値があるのかをじっくり自己検討することが大切なのである。