志望会社はこうして調べる

志望会社を調べるメリットは2つある

志望会社がどんな会社か徹底的に調べることが大切です。調べるメリットは2つ考えられます。

①自分に合う会社かどうか判断できる

やりがいの持てる仕事や職場か、ある程度判断できます。

 

②面接でアピールできる

相手が欲しがる人材がわかればそれに合わせて自分をアピールできます。

会社研究をしないで採用試験を受け、見事「合格」と喜んだら、詐欺に近い業者で、3カ月もタダ働きのうえ数十万円もお金を巻き上げられたというケースもあるので、十分な注意しましょう。

 

会社が発信している情報をもれなくキャッチする

志望会社が決まったら、その会社の「会社案内」や「社内報」を入手しましょう。会社を訪問してもいいし、郵送してもらってもいいでしょう。その会社の現在、過去,将来像を読み取ることができるでしょう。また、最近は、ほとんどの会社がホームページを開設しているので、そこのチェックも必要です。同業他社のホームページもあわせてチェックしておくと、業界全体の動向がわかって有益です。

 

客観的な評価をできるだけたくさん集める

その会社の客観的な評価を見るなら、r会社四季報』(東洋経済新報社)や『日経会社情報』(日本経済新聞社)が役立ちます。株式を公開している会社であれば、業績や経営の安定度などがわかります。また、生の情報を集めるなら、人脈を利用し、その会社との取引先などに話を聞くのも有効です