人材派遣という選択もある

正社員にこだわらず、人材派遣という選択もある

正社員への転職が困難な場合、「派遣」という道もあります。最近では、自分の能力を100%発揮できる仕事に就くために、正社員を目指さず、あえて派遣の仕事を選ぶ人も増えています。自分らしく仕事をしたい、自分のスキルを伸ばしたい、自分のライフスタイルを優先したいという若い人の間で、比較的、会社内の制約の少ない派遣社員への関心が高まっています。

●派遣会社を利用するときは

派遣会社への「入社」はごく簡単です。会社を訪問し、コーディネーターの面接を受けて「スタッフ」として登録するだけ。あとは仕事の依頼が来るのを待ちますが、派遣会社は1社だけでなく数社に登録することも可能です。来た仕事が気に入れば、派遣先に出社します。条件面などで気に入らなければ断っても問題ありません。ただし、いつまでも相手を待たせず、早めに返事をするのがルールです。

●人材派遣には働く形態によって3つのタイプがある

人材派遣の形態は3種類。従来の形態に、正社員の道が開ける「紹介予定派遣」が加わりました。

①一般派遣 派遣会社に登録しておくと、スキルや条件に合った会社を紹介してくれるシステム。

②特定派遣 人材派遣会社に正社員として入社。そこから他の企業へ派遣されるというもの。

③紹介予定派遣 一定期間の派遣が終了した後、派遣先の企業がその人を正社員で雇うシステム。